この時代 自転車保険は必要不可欠

自転車保険は必要なのでしょうか?
ずばり必要です。

最近、損保の自動車保険に付帯していた自転車に関係する保障項目がなくなりつつあります。
実際に私が加入している自動車保険からは、自転車事故に関する付帯項目がなくなっていました。それだけ自転車事故が多く、損保会社としてもまかないきれなくなったのかもしれません。

自転車事故の加害者は若者が多いという特長があるようです。中でも、小中高生などの未成年者が加害者になった場合、損害賠償は、監督責任がある保護者に請求されます。

つい最近も、小学生が起こした自転車事故で、60代の被害者に後遺症が残り損害賠償金として9,000万円ほどの金額が親に請求されたというニュースがありました。

道路交通法では、自転車も車両とみなされ刑事責任の対象になります。もちろん民事責任といった社会的責任は免れません。

なのに、自動車保険のようなシステムの自転車保険がないのです。
自転車安全整備店で点検整備を受けると「TSマーク付帯保険」に加入したという証明のステッカーを自転車に貼って貰えます。

でも、人身事故でも支払限度額が2000万円なので、実際に事故を起こしたときには、この金額では少なすぎます。
自分の身は自分で守るためにも自転車保険の加入はするべきでしょう。

自転車保険は ⇒ こちら

相続問題が発生する前にプロに相談を!

きょうだいみんな仲が良かったのに、親御さんが亡くなって相続争いが起こり、絶縁状態となってしまったというケースが少なくありません。
以前は「家は長男が継ぐ」という風習がありましたが、戦後はきょうだい全員が等しい権利を持っていると法律で定められ、争いが生じやすくなりました。

相続に関して生前のうちに決めておくことは大切です。
たとえば「自分を心配して一緒に暮らしてくれた子に家を譲ろう」と考えていても、遺言書を作っておかなかったために家を売却してお金を分けることになったというケースもよくあります。

そこで、法律の専門家に相続について相談するとよいでしょう。
大田区で相談するなら「東京相続相談所」がおすすめです。
東京相続相談所では、相続の手続き、生前贈与、事業承継など、相続に関するさまざまな相談や手続きの代行などを行っています。
ホームページから相続見積もりを無料で依頼でき、また土曜・日曜でも相談を受け付けていますので、いつでも時間のあるときに利用することができます。

大田区で相続問題を相談するなら「東京相続相談所」へ⇒http://tax.warakaikei.com/ootaku

また、東京相続相談所では相続に関するセミナーも開始しています。
相続税や遺言など相続に大切なことをプロが分かりやすく解説します。
相続の予定のある方は、セミナーで知識を深めておくこともおすすめです。

枕なら西川産業

西川産業株式会社より快適な眠りのために必要な物、欠かせない物はなんだと思いますか?

そうです 枕ですよね。枕といえば東京西川

寝つきが悪い、目覚めがすっきりしない、朝早く目が覚めてしまう、夜中に何度も目が覚める、寝た気がしない、昼間とても眠たい、睡眠でキレイになりたい!、枕が合わない、寝ていて腰が痛い、肩がこる これらは枕に原因がある事が大きいようですよ。

快眠のためには体系や敷きふとんに適した枕選びが大切だと言われています。
枕が合っていないと頭痛や肩こり、いびき、不眠症など、さまざまな症状の原因にもなります。

枕選びは体型や敷きふとんに適したものが大切で、最大のポイントは、枕のあて方と高さ調節となっています。
また、枕の役割は、頭と頸椎を自然な姿勢で支えることだそうです。

素材は熱がこもらず、汗を吸収・発散させる通気性のよいものが最適で、へたりが少なく型くずれしにくい素材が重要だとか。

西川産業では、これらをふまえてこだわりにこだわって作った枕を数多く世に送り出しています。その中で、きっとあなたにあった最高の枕が見つかるはずです。
不調の原因が判明したら、先ずは、これまで使っていた枕をかえてみる事から始めませんか?

西川産業のサイトでは、デジタルカタログや、オンラインショッピングも展開しているので近くにお店がなくても、安心してぴったりな枕を見つけることが出来そうですね。